【ビリヤード】

~15balls~

1から15のカラーボール

個性豊かな15個は 楽しいゲームの主役たち

白い手玉にぶつかられ あっちへコロコロ こっちへコロコロ

盤上見渡し キューで打ち 思い通りに進むかな?

 

 

 

ビリヤード

 

 

 

ビリヤード(正面)

1から15まで数の描かれた、色とりどりのボール(一部)

硬質なプラスチック(フェノール樹脂)製で、正確に転がるように非常に精密に作られている

 

 

 


 

 

アリス

「ビリヤードですか。」

「また、難しそうなゲームの品物が出てきましたね……」

 

 

 

アルシュ

「おや、ビリヤードは知っているのかい?」

「前回の『ルーレット』のように初々しい反応を期待していたんだが……」

 

 

 

アリス

「昔、義母(かあ)様に読んでもらった本に出てきました。」

「でも、私が知ってるのは、9つのボールと手玉しか出てこないゲームでしたね。」

 

 

 

アルシュ

「ああ、『ナインボール』か。ボールを順に落としていく『ポケット・ビリヤード』の一種だね。」

「ビリヤードは他にもいろいろなルールがあるのさ。」

 

 

 

アリス

「奥が深いゲームなんですね。」

「アルシュさんも得意なんですか?」

 

 

 

アルシュ

「ふむ、そうだね……」

「僕の場合、ビリヤードにはちょっとした思い出があるんだよ……」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA